多田国際社会保険労務士事務所

海外進出における労務コンサルティングは多田国際へ

  • 労務管理書類-改正育児介護休業法対応実務ツール
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ

HOME  >  コラム一覧  >  セミナー情報

トピックス


◎多田国際社会保険労務士事務所創業15周年記念企画第6弾!!のご案内

ワークライフバランス研究所のカウンセラー舘野が、
ハラスメントに関するセミナーを行います。

テーマは、「人事が知っておくべきハラスメント対応」です。

多くの企業様で課題となっているハラスメントについて、
社内の体制づくりや、人事としての考え方等を
ケーススタディを交えながら分かりやすく解説いたします。

是非ご参加ください!

【5月10日】ハラスメントセミナー.jpgのサムネイル画像

(2017年04月06日)


所長 多田智子が日経ビジネススクールアジア特別講座で講師をつとめさせていただきます。
タイのバンコクでのセミナーとなります。
タイにおける労務管理、労働法の基本から応用までを学べる内容ですので是非ともご参加ください。


15日 タイ駐在員のための労務管理の基本知識-知っておくべき日本との違い-
16日 駐在員のためのタイ労働法・就業規則の実務-Q&A形式で理解する-


詳細等につきましては、下記URLをご参照ください↓
http://school.nikkei.co.jp/special/nbsasia/index.html

(2016年08月16日)


海外勤務者をめぐる労務管理と給与・社会保険


開催日時:2016年9月6日(火)10:00-16:30
会場  :日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)


本セミナーは、海外赴任者の労務管理や社会保険制度の基本や最新の動向を踏まえ、赴任者やその家族をサポートするための対応法と留意点を解説するプログラムです。


詳細等につきましては、下記URLをご参照ください↓
http://school.nikkei.co.jp/seminar/article.aspx?sid=P1600241

(2016年08月16日)


2016年9月7日(水) 創立15周年イベント第1弾『強い会社になるための就業規則作成実務セミナー』を開催致します。

(2016年08月16日)


2016年2月17日(水) 女性活躍推進法対策セミナー『女性活躍推進法への実務対応と女性の就労に係る法律知識』を開催致します

(2016年02月02日)


2015年12月8日(火) 経営者・総務人事・労務責任者向けセミナー  「労働安全衛生法改正対策セミナー ストレスチェック制度と実務対応」を開催致します

(2015年10月30日)


『海外赴任者の給与設計及び海外赴任規定作成の実務』
~海外赴任者の労務管理から処遇設計までを解説~


開催日時:2015年12月10日(木)10:00-16:30
会場  :株式会社労務行政セミナールーム


●講義内容
海外赴任者の処遇設計は、法律ではなくあくまでも自社の制度となるために、その制度内容は各社さまざまです。しかしながら、社内においては、海外赴任給与や処遇ノウハウが少なく、外部においてもこれらに関する情報が十分でないため、どのように処遇設計をしていくべきか悩まれているご担当者が多いのも事実です。
本講座では、海外赴任者の給与・手当の仕組みの考え方と実務上のポイント、また、支度金・住宅費用・教育費用・一時帰国休暇など海外赴任者独自の処遇を設計する赴任規程作成について解説します。さらに、具体的事例(ケーススタディー)により、給与および処遇全体において、会社の方針を踏まえた実務設計にも言及します。ぜひ、ご参加ください。


詳細等につきましては、下記URLをご参照ください↓
https://www.rosei.jp/seminar/detail.php?item_no=4871

(2015年10月29日)


従業員からの質問・疑問にどう答えるか
定年退職・再雇用者へわかりやすく説明する
年金・社会保険のしくみと手続き
~様々な制度のしくみ、金額や退職後の手続きのしかたを理解してもらうための必須知識~


開催日時:2015年12月4日(金)14:00-17:00
会場  :三井住友銀行呉服橋ビル


●講義内容
高年齢雇用安定法の改正などにより、シニア社員にとって、60歳以降のライフプランの関心が高まっています。
また、定年退職を迎える従業員の数は1980年に比べて2倍以上となり、人事・総務担当者においても従来の一定知識のみでは対応できず苦慮される場面が多くあります。
さらに、60歳以降の社会保険と年金制度は、雇用形態の多様化とその働き方の選択により制度の適用が従業員ごとに違うため、非常に複雑な分野となっています。そこで、人事・総務担当者には、定年退職・再雇用を迎える従業員に対して、年金や社会保険をわかりやすく説明することができ、基本的な質問にも回答できることが求められます。
本セミナーでは、わかりやすく説明するための年金のしくみや定年退職後の手続全般に関する基礎知識をよくある質問の回答事例を交えながら解説します。


詳細等につきましては、下記URLをご参照ください↓
https://www.smbc-consulting.co.jp/smbcc/seminar/business/details/BusinessAndFlatRateSeminar/2015/12/20150257-01.html?transition=wewd0010&screenId=WEWD0010&viewToken=AV%2BxHMX1zFsTK4wu%2BjX4GSckjRYrgLC47yjms637xlwWDzq8JUgMZNHN0stBvUYvgnoSBa5Drss1udQoNJYvUw%3D%3D&flowToken=MVHjqwfe%2B8sH85p1NeGuLDgoKGjcDpxgTe7nXgsBNLyTcnxnbW4x0pB0%2FV452f%2BiCAtTW8j1cppFbD1LQ9xMUQ%3D%3D&flowTokens=088MVHjqwfe%2B8sH85p1NeGuLDgoKGjcDpxgTe7nXgsBNLyTcnxnbW4x0pB0%2FV452f%2BiCAtTW8j1cppFbD1LQ9xMUQ%3D%3D&

(2015年10月29日)


これからの高年齢者雇用をどう進めるか
60歳以降の継続雇用をめぐる給与・労働条件の設計ポイント
~法令・裁判例を踏まえた制度設計の留意点、検討すべきポイントとは~


開催日時:2015年12月4日(金)10:00-13:00
会場  :三井住友銀行呉服橋ビル


●講義内容
「改正高年齢者雇用安定法」が施行され、希望者全員について、65歳までの継続雇用を確保するとの考え方のもと、あらゆる企業で規程の見直しがなされました。
しかしながら、検討する時間が短かったことや、改正法の解釈が難しかったことにより、規程の見直しは十分とは言えず、さらには、継続雇用をめぐって、労働者とのトラブルが増加することが考えられ、今後は労働条件や給与など人事制度についても十分な検討が必要と言えます。
本セミナーでは、改正後に明らかになった問題を踏まえて、事例を踏まえながら、制度設計と規程見直しのポイントを中心に、継続雇用をどう進めるべきかを解説します。


詳細等につきましては、下記URLをご参照ください↓
https://www.smbc-consulting.co.jp/smbcc/seminar/business/details/BusinessAndFlatRateSeminar/2015/12/20150233-01.html?transition=wewd0010&screenId=WEWD0010&viewToken=Ioe4j3NWoKuK2xBTGt9AvlJ53pxIPG5QVTCpNyutheidZL0qfstUgObxtOSW%2FSrS0kLufqUSFsc2whC%2BsKqlow%3D%3D&flowToken=JgjY5GiBkwcSphx%2BJRn5oExBeY8Ca0a8W%2FpBQA4S1Jc4XrOloluvvn3Yj8niSKyNh7E%2BD32g06CUj1zIK4vZzQ%3D%3D&flowTokens=088JgjY5GiBkwcSphx%2BJRn5oExBeY8Ca0a8W%2FpBQA4S1Jc4XrOloluvvn3Yj8niSKyNh7E%2BD32g06CUj1zIK4vZzQ%3D%3D&

(2015年10月29日)



【NBSセッション】
『タイ駐在員のための労務管理の基本知識~駐在員が知っておくべき日本との違い~(日本語)』
開催期間:2015年11月24日(火)14:00-18:00
     2015年11月25日(水) 9:00-13:00
対象者 :日本人駐在員
会場  :サシン経営管理大学院4、5階(バンコク、チュラロンコン大学内)


●講義内容
日本企業における海外での事業拡大に大きく寄与する重大なミッションを担っている駐在員の方々が、赴任後にぶち当たる壁の1つが「労務管理」です。赴任前に「人事の基礎、採用、評価、福利厚生、モチベーション管理」などという労務について体系的に十分学ぶ機会も少なかったことと思います。また学んでいたとしても実際に労務管理をすることになり改めてノウハウを確認する必要性を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本講座は、「労務管理の基礎知識」と現地スタッフへ対応するために知っておくべき「日本の労務管理の特徴と海外の労務管理の違い」、さらには「コミュニケーションのとり方」についても解説します。日々の疑問や悩みの解決につながるとともに、バンコクのみならず世界のどこででも労務管理を行う際に必要となる汎用性のある基礎知識を伝授します。


●演目
1. なぜ世界中の経営者の悩みは「人」なのか?
2.現地でのマネジメント~日本人の違和感と現地スタッフの違和感
3.タイにおける労務管理(採用、労働法を踏まえて)
4.タイにおける福利厚生とモチベーション管理、評価、昇格


詳細等につきましては、下記URLをご参照ください↓
http://bizacademy.nikkei.co.jp/special/sjc201511/

(2015年10月29日)



  • 労務管理書類ダウンロードサービス
  • 『マイナンバー特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 人材戦略コラム
  • 中国労働法コラム
  • ■ブログ

    CREA-クレア- 労務管理を創造するブログ
  • ■多田国際はプラン・ジャパンに協賛しています

    子どもと築く、未来のしくみ プラン・ジャパン
  • ■提携先企業

    産業医アウトソーシングサービスのエムステージ

相談できる社労士をお探しの企業様は、多田国際社会保険労務士事務所へお問い合わせ下さい。

〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング17階

お問い合わせ【受付時間】平日9:00〜18:00

03-5759-6340
メールフォームからのご相談はこちら