多田国際社会保険労務士事務所

海外進出における労務コンサルティングは多田国際へ

  • 多田国際が取り組むSDGs案について
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ

業務内容


シンガポールの社会保障制度

シンガポールにおける社会保険の概要

シンガポールの社会保障制度は、CPF(中央積立基金拠出金/Central Provident Fund)と呼ばれる、事業主と労働者からの拠出金によってまかなわれています。給与額の一定割合を使用者及び労働者が労働者個人の口座に積み立て、その積立金が労働者の年金・医療費・住宅購入費等として管理されます。 しかし、加入義務のある者はシンガポール国民と永住権保有者となっており、原則日本からの赴任者に加入義務はありません。そのため、日本からの海外赴任者は民間保険・海外赴任者保険等に加入します。

シンガポール社会保険制度の概要
加入対象者シンガポール国籍orシンガポール永住権
(Permanent Resident)を有する者
CPFへの拠出額CPF拠出金の算出賃金に一定率を乗ずる。
賃金とは基本給・残業手当等各種手当・賞与も含む。
◆CPF拠出の対象となる賃金:交通手当(一定額を支給する場合)・教育手当(子の教育資金を金銭で補助するもの)・住宅手当(金銭で支給するもの)・賞与 等
◆CPF拠出の対象とならない賃金:退職金・交通手当(業務のための交通費)・交際費の実費請求額 等
CPF積立金の引き出しが可能となる場合① 満55歳に達した場合
②シンガポール国民以外でシンガポールから永久帰国する場合
③傷病等により永久に就業不能となった場合 等
CPF積立金の利用が可能な場合①積立金を利用して公団住宅を購入する場合
②医療口座に医療費として積み立てておく場合
③教育資金をCPF資金から引き出す場合
④株式等に投資を行う場合         等

  • 労務管理書類ダウンロードサービス
  • 『無期転換ルール特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 『マイナンバー特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 『労働安全衛生法ストレスチェック制度特設ページ』業務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • ■提携先企業

    産業医アウトソーシングサービスのエムステージ

相談できる社労士をお探しの企業様は、多田国際社会保険労務士事務所へお問い合わせ下さい。

〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング17階

お問い合わせ【受付時間】平日9:00〜18:00

03-5759-6340
メールフォームからのご相談はこちら