多田国際社会保険労務士事務所

海外進出における労務コンサルティングは多田国際へ

  • 多田国際が取り組むSDGs案について
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ

業務内容


タイの社会保険

タイにおける社会保険の概要

タイでは、海外赴任者を含め下記の社会保険基金(健康保険、年金、雇用保険に該当)、労災保険基金(労災保険に該当)への加入が必要です。しかし健康保険については利用できる医療機関が限定され、医療水準も高くありません。また年金についても受給に最低15年の加入期間が必要であり、仮に受給できても少額です。実務上は、年金は掛け捨て、健康保険は海外傷害保険か、現地法人でグループ団体保険に加入することが多くなっています。

タイ日本
社会保険基金 ◆ 日本の健保、年金、雇用保険

〇 健保:指定病院でのみ医療費が無料。
  指定病院以外は10割負担。
〇 年金:老齢年金が55才から支給
〇 雇用保険:
 ・解雇    → 給与の50%  180日間
 ・自己都合 → 給与の30%  90日間
健康保険 
国民皆保険
医療費3割負担
高額療養費8万
傷病手当 3分の2
年金
雇用保険
労災保険基金◆ 日本の労災保険に該当する労災保険
プロビデントファンド◆ 日本の中退共に近く、任意加入の制度 

  • 労務管理書類ダウンロードサービス
  • 『無期転換ルール特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 『マイナンバー特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 『労働安全衛生法ストレスチェック制度特設ページ』業務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • ■提携先企業

    産業医アウトソーシングサービスのエムステージ

相談できる社労士をお探しの企業様は、多田国際社会保険労務士事務所へお問い合わせ下さい。

〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング17階

お問い合わせ【受付時間】平日9:00〜18:00

03-5759-6340
メールフォームからのご相談はこちら