多田国際社会保険労務士法人

海外進出における労務コンサルティングは多田国際へ

  • 多田国際が取り組むSDGs案について
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ

業務内容


ミャンマーの労働法

ミャンマーにおける労働時間等の概要

ミャンマーにおける労働時間等の概要は下記の通りです。
日本に比べて時間外労働の制限や割増賃金率の高さが特徴的です。

 店舗及び商業施設法工場法
対象者店舗、商業施設、公共娯楽施設における労働者工場労働者
労働時間1日8時間かつ1週48時間以内1日8時間かつ1週44時間以内
※但し技術的な理由で労働を継続しなければならない場合、週48時間まで認められる。
休憩時間5時間以上で30分以上の休憩5時間を超える前に30分以上の休憩の付与
拘束時間
(労働時間+休憩時間の合計)
店舗・商業施設:11時間
公共娯楽施設:14時間
10時間を超えてはならない
深夜労働午後9時半まで
(管理人、警備員を除く)
所定の銀行に勤務する者については深夜12時まで
-
時間外労働年間で60時間を超えてはならない。
※会社と労働者が合意し雇用契約書に記載することで年間60時間を超えて時間外労働を行うことができる。
-
時間外手当・休日労働手当平均賃金の200%以上
業務内容

  • 労務管理書類ダウンロードサービス
  • 『無期転換ルール特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 『改正育児介護休業法 特設ページ』はこちらから
  • 『労働安全衛生法ストレスチェック制度特設ページ』業務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • ■提携先企業

    産業医アウトソーシングサービスのエムステージ

相談できる社労士をお探しの企業様は、多田国際社会保険労務士法人へお問い合わせ下さい。

〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング17階

お問い合わせ【受付時間】平日9:00〜18:00

03-5759-6340
メールフォームからのご相談はこちら