多田国際社会保険労務士法人

海外進出における労務コンサルティングは多田国際へ

  • 多田国際が取り組むSDGs案について
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ

業務内容


ミャンマーの労働法

雇用契約締結義務

ミャンマーでは、政府における常勤労働者、研修者、試用期間中の者を除き労働者の雇用開始後30日以内に労働者と雇用契約を締結しなければなりません。また雇用契約書には絶対的明示事項がありますので下表を参照ください。更に、雇用契約締結後、当該契約書の写しを管轄労働事務所に送付し、確認を得なければなりません。

【罰則】

雇用契約を締結しない場合罰則として6か月以下の懲役または罰金、若しくはその両方が科せられます。

雇用契約書への絶対的記載事項
 絶対的記載事項 絶対的記載事項
1職種12仕事及び出張における車の手配
2試用期間13労働者が遵守すべき規則
3給与14研修参加後に継続して勤務しなければならない期間
4勤務地15退職及び解雇
5契約期間16期間満了時の対応
6労働時間17契約において規定されている遵守すべき義務
7休暇及び休日18合意退職
8時間外労働19その他
9勤務中の食事の手配20契約書の規定の修正及び追記の方法
10住宅施設21雑則
11医療手当  

【罰則】

絶対的明示事項を雇用契約書に記載していない場合は、3か月以下の懲役又は罰金若しくはその両方が科せられます。

なお、就業規則については日本と異なり就業規則の作成義務はありませんが、実務上多くの労働者を雇用する場合、策定している会社は多くなっています。

業務内容

  • 労務管理書類ダウンロードサービス
  • 『無期転換ルール特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 『改正育児介護休業法 特設ページ』はこちらから
  • 『労働安全衛生法ストレスチェック制度特設ページ』業務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • ■提携先企業

    産業医アウトソーシングサービスのエムステージ

相談できる社労士をお探しの企業様は、多田国際社会保険労務士法人へお問い合わせ下さい。

〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング17階

お問い合わせ【受付時間】平日9:00〜18:00

03-5759-6340
メールフォームからのご相談はこちら