多田国際社会保険労務士法人

海外進出における労務コンサルティングは多田国際へ

  • 多田国際が取り組むSDGs案について
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ

業務内容


ミャンマーの労働法

ミャンマーの出産制度

ミャンマーの出産制度は日本と産前産後休暇の期間等や賃金が保障される仕組み等は同じですが、ミャンマー独自のものとしては配偶者出産休暇という制度があり、配偶者が出産した場合国からの給付のもと15日の休暇が取得可能という制度があります。

日本との出産制度に関する比較
 ミャンマー日本
産前産後休暇産前6週間、産後8週間産前42日、産後56日(多胎妊娠の場合は産前98日)
産前産後休暇中の賃金産休時に1年以上勤務しており、かつ6か月以上保険料負担を行っている労働者は平均賃金の70%を産休給付として受給可能。

また、出産時に出産が1児の場合は平均賃金50%(2児の場合は平均賃金の75%)を受給できる。
健康保険より給与の
3分の2(66%)支給
配偶者出産休暇配偶者が出産した場合、世話のため15日間の休暇を取得可能。
妻が社会保障加入者の場合は、平均賃金の70%を産休給付として受給でき、妻が非加入者の場合は半額受給可能。
-
備考その他、家族支援保険制度として低所得者への子供への教育給付金、自然災害時の支援等が存在する。-

ミャンマーにおいては女性の労働者が多いことから、人材確保の観点、また業務上の必要性から育休、産休制度を整える必要性は高くなっています。

業務内容

  • 労務管理書類ダウンロードサービス
  • 『無期転換ルール特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 『改正育児介護休業法 特設ページ』はこちらから
  • 『労働安全衛生法ストレスチェック制度特設ページ』業務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • ■提携先企業

    産業医アウトソーシングサービスのエムステージ

相談できる社労士をお探しの企業様は、多田国際社会保険労務士法人へお問い合わせ下さい。

〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング17階

お問い合わせ【受付時間】平日9:00〜18:00

03-5759-6340
メールフォームからのご相談はこちら