多田国際社会保険労務士法人

海外進出における労務コンサルティングは多田国際へ

  • 多田国際が取り組むSDGs案について
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ

業務内容


現地申告・納税遅延への罰則

納税に関しては、誤った申告・遅延等は個人の責任です。しかし最終的に罰金は会社が負担することになることも多いので会社からもしっかり指示・通知・監査を行いましょう。よくあるのは①納税遅延②過少申請となっています。

税務申告漏れに対する罰則Compromised Penalty、加算税、延滞税の3種類に分類され、 Compromise tableは税金の納付遅延の際に発生するものです。
納税遅延に対する罰則加算税は税金の納付遅延に関する罰則で、納付遅延額の25%が通常の罰金になりますが、BIR(内国歳入庁)に不正があったと判断された場合には納付遅延額の50%が罰金となります。
その他の罰則延滞税は延滞にかかる罰則で、納付遅延額に対して年12%(変動します)かかります。これは日割りで計算されるので、3か月の遅延であれば納付遅延額の3%、半年の遅延であれば納付遅延額の6%、3年の遅延であれば納付遅延額の36%と計算されます。

実務的には、しっかり申告等行われており罰則が課されることはほとんどありません。居住証明の更新の条件として、納税が適切に行われているかが求められています。

フィリピンの個人所得税
フィリピンの労働法・社会保険・税務
  • フィリピンの個人所得税

    国によって個人所得税のルールは様々です。フィリピンの個人所得税、短期滞在者免税(183日ルール)、課税所得の範囲、現地での税金の納付方法、罰則、退職金の取扱いについてご説明いたします。

  • フィリピンの社会保険

    国によって社会保険の制度は様々です。フィリピン現地の社会保険の特徴や留意点、社会保険料についてご説明いたします。

  • フィリピンの労働法

    フィリピン現地の労働法に基づく労働時間、休日、休暇、時間外労働、休日労働、有給休暇、解雇、解雇手当についてご説明いたします。

業務内容

  • 労務管理書類ダウンロードサービス
  • 『無期転換ルール特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 『改正育児介護休業法 特設ページ』はこちらから
  • 『労働安全衛生法ストレスチェック制度特設ページ』業務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • ■提携先企業

    産業医アウトソーシングサービスのエムステージ

相談できる社労士をお探しの企業様は、多田国際社会保険労務士法人へお問い合わせ下さい。

〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング17階

お問い合わせ【受付時間】平日9:00〜18:00

03-5759-6340
メールフォームからのご相談はこちら