多田国際社会保険労務士法人

海外進出における労務コンサルティングは多田国際へ

  • 多田国際が取り組むSDGs案について
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ

業務内容


中国(上海)のビザ・予防接種

中国赴任に必要なビサ

日本企業は、中国に赴任させる社員の仕事内容、中国での滞在期間等から判断して適切なビザを取得する必要があります。 中国の滞在に必要なビザには下記を含め、複数ありますが、ほとんどの場合赴任者にとって必要となるビザはZビザとなります。 2015年1月から必要なビザについての規定が変わり、必要書類が追加されました。 なお、15日以下の出張の場合には、これまで同様、査証免除措置(ノービザ入国が許可される)が適用可能です。

また、入国の際に「出張・会議」と記入いただいても入国に影響はありません。

直近の変更点 留意事項

2015年1月の変更により、

① 累計「90日未満」でも、

「国内の合作側で技術、科学研究、管理、指導の場合」には、「勤務証明」「短期就労許可」という追加書 類が必要となり、Zビザで入国すること

② 30日を超える場合には居留許可も取得すること

③ 2条記載の①〜③等の目的で入国する場合Mビザを取得することが、明確になりました。
詳細については、弊社パートナーのHPをご参照ください。

  2015年1月から 人社部(014)78号 2003年9月まで
滞在可能期間 1条 ※国内の合作側で技術、
科学研究、管理、指導の場合
2条  
① 機械設備の据付、メンテナンス
② 中国国内で落札したプロジェクトの
  指導、監督、検査
③ 子会社、代表処での業務
必要書類
15日① 勤務証明(新)※
② 短期就労許可(新)※
③【就労】Zビザ
【出張】Mビザ(商業貿易)ノービザ(経商)
30日Mビザ(商業貿易)
90日① 勤務証明(新)※
② 短期就労許可(新)※
③【就労】Zビザ 4居留許可
365日① 就労許可
②【就労】Zビサ
③ 居留許可

  • 労務管理書類ダウンロードサービス
  • 『無期転換ルール特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 『改正育児介護休業法 特設ページ』はこちらから
  • 『労働安全衛生法ストレスチェック制度特設ページ』業務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • ■提携先企業

    産業医アウトソーシングサービスのエムステージ

相談できる社労士をお探しの企業様は、多田国際社会保険労務士法人へお問い合わせ下さい。

〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング17階

お問い合わせ【受付時間】平日9:00〜18:00

03-5759-6340
メールフォームからのご相談はこちら