多田国際社会保険労務士法人

海外進出における労務コンサルティングは多田国際へ

  • 多田国際が取り組むSDGs案について
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ

業務内容


シンガポールの個人所得税

税金の納付方法・罰則

税金 納付方法

シンガポールの納税方法は確定申告方式です。日本のように毎月の給与から源泉徴収する必要はなく、前年の所得額を申告し税額の通知を受け、その税額を納税します。近年は、日本同様電子申請が主流です。 また、最大12ヶ月の分割も可能です。

【税金 罰則】

納税に関しては、誤った申告・遅延等は個人の責任です。しかし最終的に罰金は会社が負担することになることも多いので会社からもしっかり指示・通知・監査を行いましょう。よくあるのは①納税遅延②過少申請となっています。

① 納付期限までに納付しない場合、初回の督促状の際に5%の延滞税が課せられ、その督促状より90日後に追加の1%延滞税が課せられる。その後1%の延滞税は最大で12ヶ月まで毎月課せられる。

② シンガポールのおいて誤った申告を行った場合は、過少額の100%から400%の加算金が課され、さらに罰金と禁固刑が課される場合もある。

業務内容

  • 労務管理書類ダウンロードサービス
  • 『無期転換ルール特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 『改正育児介護休業法 特設ページ』はこちらから
  • 『労働安全衛生法ストレスチェック制度特設ページ』業務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • ■提携先企業

    産業医アウトソーシングサービスのエムステージ

相談できる社労士をお探しの企業様は、多田国際社会保険労務士法人へお問い合わせ下さい。

〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング17階

お問い合わせ【受付時間】平日9:00〜18:00

03-5759-6340
メールフォームからのご相談はこちら