多田国際社会保険労務士法人

海外進出における労務コンサルティングは多田国際へ

  • 多田国際が取り組むSDGs案について
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ

業務内容


シンガポールの個人所得税

シンガポールで退職した場合 退職金の取り扱い

シンガポールで退職を迎える社員がいる場合の課税処理については、CPF(シンガポールの社会保障制度)脱退時に受け取る脱退一時金や解雇に伴い支給される一時金は非課税になりますが、それ以外の退職に起因して受け取る所得について特別の規定はありません。
つまり、シンガポール赴任者が日本から退職金を受け取った場合、この退職金についてはシンガポール勤務期間に相当する部分について、シンガポールで申告・納税義務が生じます。

シンガポールで退職を迎える社員がいる場合の課税処理について

シンガポール勤務期間分に対する退職金額が明確になっていない場合、全額に課税される可能性もあります!!
⇒ 定年前には帰任させる等の社内運用ルールを作成することをお勧めします。

業務内容

  • 労務管理書類ダウンロードサービス
  • 『無期転換ルール特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 『改正育児介護休業法 特設ページ』はこちらから
  • 『労働安全衛生法ストレスチェック制度特設ページ』業務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • ■提携先企業

    産業医アウトソーシングサービスのエムステージ

相談できる社労士をお探しの企業様は、多田国際社会保険労務士法人へお問い合わせ下さい。

〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング17階

お問い合わせ【受付時間】平日9:00〜18:00

03-5759-6340
メールフォームからのご相談はこちら