多田国際社会保険労務士法人

海外進出における労務コンサルティングは多田国際へ

  • 多田国際が取り組むSDGs案について
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ

業務内容


シンガポールの労働法

労働契約の締結

シンガポールには就業規則の作成義務がないため、基本的に労働条件は“労働契約書”の定めに基づき決定します。その為、個人個人の労働契約書の作成に対しては、かなり詳細に事項を決めていく必要があります。

雇用契約書の位置づけ
シンガポール
(雇用法適用の無い場合)
日本
雇用契約書に明記
すべき事項
法的な定めなしあり(就業場所・労働時間・賃金等)
雇用契約書の役割有給休暇の付与方法、育児休暇の日数等、
就業規則で本来定める内容も記載
就業規則を前提として、個人で定める事項の明示
シンガポールにおける雇用契約書への記載事項
主な記載内容
  • ・労働契約締結日
  • ・就業場所
  • ・業務内容
  • ・給与(基本給・各種手当等)
  • ・始業、就業時間
  • ・労働時間
  • ・休憩
  • ・時間外割増
  • ・休日割増
  • ・国民の祝日の扱い
  • ・年次有給休暇
  • ・病気休暇
  • ・育児休暇
  • ・出産休暇
  • ・退職について
  • ・保険            等

左記のように記載事項は多岐にわたり、雇用契約書が5枚以上にわたるケースも少なくありません。

労働者(特に雇用法の適用のない者)にとっては、自分の処遇をすべて決めるものとなりますので、労働者に合わせたものを作成する必要があり、不足や誤り等があると円滑な雇用関係を維持できなくなってしまいます。

契約書の作成に慣れないうちは、内容の過不足が生じないよう、専門業者へ委託をすることをお勧めします。

業務内容

  • 労務管理書類ダウンロードサービス
  • 『無期転換ルール特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 『改正育児介護休業法 特設ページ』はこちらから
  • 『労働安全衛生法ストレスチェック制度特設ページ』業務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • ■提携先企業

    産業医アウトソーシングサービスのエムステージ

相談できる社労士をお探しの企業様は、多田国際社会保険労務士法人へお問い合わせ下さい。

〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング17階

お問い合わせ【受付時間】平日9:00〜18:00

03-5759-6340
メールフォームからのご相談はこちら