多田国際社会保険労務士事務所

海外進出における労務コンサルティングは多田国際へ

  • 多田国際が取り組むSDGs案について
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ

業務内容


ベトナムの労働法

ベトナムにおける労働法の概要

前提として、ベトナム労働法は労働者保護の傾向が強く、解雇は簡単には出来ません。また、ブルーカラーのストライキ問題、賃金上昇の問題などがあります。また、ベトナムの労働人口の平均年齢が30歳未満であり、そもそも「管理職」という働き方が定着していないため、赴任者にとっては管理職育成に苦労することが多くなっています。

ベトナムにおける労働法の特徴
特徴 背景
試用期間に解雇が可能
祝日が少ない
日本の労働法との大きな違いは、試用期間が決まっている事とこの間に一方的解雇ができることです。ベトナムは労働者保護の政策がとられているが試用期間中の解雇は自由である。
また、日本に比べて祝日が少ない為に赴任者への説明、手当の設定が必要である。
解雇が出来ないので
退職勧奨が主流
日本と同様に解雇が不自由な国である。 ホワイトカラーについては、解雇ではなく話し合いによる退職(退職勧奨)が有効な手段となる。
賃金上昇物価の上昇(上昇率9.2% 2012年)により、賃金の上昇(ベースアップ10%)が顕著である。また、賃金要求の為にストが増加しているのは事実。加えて、労働人口が若いために管理職が不足しているため労務管理が難しい。

  • 労務管理書類ダウンロードサービス
  • 『無期転換ルール特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 『マイナンバー特設ページ』実務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • 『労働安全衛生法ストレスチェック制度特設ページ』業務に役立つ書式のフリーダウンロードはこちらから
  • ■提携先企業

    産業医アウトソーシングサービスのエムステージ

相談できる社労士をお探しの企業様は、多田国際社会保険労務士事務所へお問い合わせ下さい。

〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング17階

お問い合わせ【受付時間】平日9:00〜18:00

03-5759-6340
メールフォームからのご相談はこちら